[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]


[01900]コーティング剤を塗った時のほこりや気泡 返信 削除
投稿者:アメージング 熊崎堅一<resin@net-amazing.com>
投稿日時:2017/03/29 11:29:14
リンク:アメージングに戻る

コーティング剤を筆で塗る際には、おっしゃるように
筆がきれいな状態であることが大切ですね。
それから塗るものの表面のほこりも、布ではなく指で拭いて
取り除いておくといいですよ。
(布やティッシュで拭きますと、かえってほこりが表面に付きます)

それから筆で塗る場合、筆に含まれている空気が
こまかい気泡となって表面に付く場合があります。
それを防ぐためには、まず筆先をコーティング剤に浸けて
毛細管現象によって液が筆に含まれるのを待ちます。
筆の毛の根元まで液がしみ込んだら、容器の口などで
筆を静かにしごいていったん液を落とします。
そしてもう一度コーティング剤に筆先を浸けて
液をしみ込ませます。
こうして筆の中の空気を抜きますと
比較的気泡が付きにくくなります。

どうしても気泡が気になります場合は
化粧用のパフ(なるべくきめの細かい物)で
筆の時と同様に空気を抜いてから塗りますと
筆よりは気泡が付きにくいと思いますよ。

筆で塗る場合もパフで塗る場合も
ゆっくりと塗った方が気泡が付きにくくなります。

塗ったあとは、ほこりがかからないように
箱などをかぶせて乾燥させます。


塗るものの表面が荒れている場合や
表面にこまかい気泡の穴がある場合は
きれいに塗れないことがあります。

お試しになってみてくださいね。

(PC等)

親記事へ        
表示件数
EndLineChildImgコーティング剤を塗った時のほこりや気泡 - アメージング 熊崎堅一 2017/03/29 11:29:14 [01900]