[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]


[01904]カットする際のレジンの温め方 返信 削除
投稿者:アメージング 熊崎堅一<resin@net-amazing.com>
投稿日時:2017/04/17 16:00:44
リンク:アメージングに戻る

レジンをカットする際の温め方は、ホットプレートを使うのが
一番適していると思います。

ホットプレートにもよりますが、レベルを「保温」にしても
結構熱いですから、アルミホイルをくしゃくしゃにして厚みを作り
ホットプレートから離して、ゆっくりじっくりと熱が加わるようにします。
ですので1時間かかるわけですね。

高温で温めますと、表面だけが熱くなるだけでカットできません。


「どのくらいまで温めるのか?」というご質問をよくいただきますが
カッターナイフでカットした時の指の感覚で加減していますので
温度はわかりませんが、温め方が足りないと硬くてカットできませんし
温めすぎますと、カットできずにボロボロとちぎれてしまいます。

スパッとカットできた時の感覚は、ちょっと硬めの石鹸を切った感じです。
そのくらいまでやわらかくなって、カットしやすくなります。
温める感覚は何度も何度もやるうちにわかってくると思います。

カットしていますとすぐに冷めて硬くなってきますから
またホットプレートで温めて、温まったらカットする、の繰り返しです。
そしてカッターの刃は必ず新しい物を使います。
また、刃に食用油を塗ってからカットしますと
比較的カットしやすくなります。



ページにも記載していますが、かなり危険をともないますので
滑りどめの付いた手袋をはめて、万一刃が折れた場合の安全を考えて
ゴーグルを装着して眼を守ります。

カッターナイフの扱いに不慣れな方にはおススメしません。
また、万一ケガをされても私としましては責任を負えませんので
作業に関しましては自己責任でお願いいたします。

(PC等)

親記事へ        
表示件数
EndLineChildImgカットする際のレジンの温め方 - アメージング 熊崎堅一 2017/04/17 16:00:44 [01904]